表参道の美容室(美容院)Stujio(スタジオ)>カラー>白髪染め>白髪染め(グレイカラー)の疑問を解決!リアルな疑問特集!

白髪染め(グレイカラー)の疑問を解決!リアルな疑問特集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
白髪染め(グレイカラー)の疑問を解決!リアルな疑問特集!
一度気になるとずっと気になってしまうのが白髪問題!
男性だと30代半ばから、女性だと30代後半~40代前半にかけて増えて初めてくると一般的に言われています。

誰でも、『あれ。白髪生えてる。自分も老けたなあ。』
なんてことを思ってしまいますよね。

そう。白髪が増えてくると実年齢よりもどうしても老けてみえてしまうので、よしマツモトキヨシに行こうとなるわけです。
がしかしちょっと待って下さい。

CMで市販の白髪染めの宣伝をしていたから、とりあえずそれを使えば大丈夫でしょという考えは少し危険です。

そこで今回は現役美容師が白髪染めの0~100を記事にしていきたいと思います。
お客様から、白髪染めに関する質問を沢山いただくのでQ&Aの質問に答えていくような形式で進めていきます。

正しい白髪カラーリングとは一体何なのでしょうか?白髪と上手くつきあう方法や対策、予防などを含めてお伝えします! 



Q : 白髪と黒髪の違いは?

A:髪が生えてくる時に何らかの原因でメラニン色素が入らずにでてきてしまう髪の毛です。白髪はケラチンタンパク質が多く含まれ水を弾きやすい性質があります。また脂質が少なく金属量も少ない様です。

その結果、ケラチンタンパク質によりハリがあり、脂質が少なくパサつきやすく、ヘアカラーの発色がしづらい髪なのです。

白髪の原因はこちら→http://www.stujio.jp/blog/entry18697.html



Q:白髪染めホームカラーの良い所、悪い所を知りたい


A
:ホームカラーのメリットとデメリットをまとめてみました!

白髪染めホームカラーのメリット

1.コストが安い
市販のセルフカラー剤の相場は500円〜1500円くらいです。この価格は魅力ですよね。

2.時間
家でできるカラーリングは空き時間ですぐできる所も良いです。慣れている方は染めておく時間で家事をしたり。。。時は金なり!

白髪染めホームカラーのデメリット、起こる問題

1.パサパサ     
ホームカラーがだれでもしっかり染まる理由は強いアルカリ強い力で脱染その上にしっかり色を入れる!ということです。更に残留したアルカリ成分がキューティクルを開かせ(膨潤させ)続けて染めた後にもダメージが続きます。

2.ぺたんこになる
強いアルカリが配合されたカラー剤を塗布し長時間おくことで髪の毛が寝てしまいます。結果トップが分かれやすく、ヘアスタイルのシルエットが崩れてしまいます。

3.頭皮がかゆい   
髪がパサパサになる理由にもあるように薬剤がとにかく強い!頭皮に対しての負担もさることながら、自宅でのシャンプーではカラー剤が落ちきらないこともしばしば。
頭皮にカラー剤が残ってしまうということは、それが原因で頭皮が炎症を起こし、かゆみに繋がってしまうわけです。

4.すぐに白髪が出る
自己流だと塗布が均等にはできず、ムラになりがちです。染まりの甘い場所はまた染め直すことに。。。

5.イメージと違う色 
市販のカラーのサンプル毛束はあくまでサンプル。ベースの髪の毛の色次第で変わってきてしまいます。また自分で染めると毛先付近に伸ばしがちです。結果根元の色が明るく以前に染めた染まりやすい場所に色がしっかり入ってしまって暗くなってしまう事態に。

6.髪色と顔色がちぐはぐ・なりたい髪色で選んで失敗
お肌の色と瞳の色そしてヘアカラーの色はとても関連性が高いです。一目見ただけでそれらの色の印象が相手に伝わります。なりたいイメージにあわせたカラーの選定が重要になります。


Q:ホームカラーのデメリットをヘアサロンなら解決できるのか?



A: すべて解決できます!


Q:白髪はどのような染め方がありますか?


A:白髪が染まるヘアカラーは大きく分けて一時染毛剤、半永久染毛剤、永久染毛剤、その他の4つです。

それぞれの特性、メリット、デメリットを見てみましょう。

一時染毛剤 【化粧品】
カラーマスカラやカラースプレー1回のシャンプーで落ちるものです。ダメージは無しでかぶれることもほとんど無し

メリット :簡単に使え、気になる白髪にポイントで使える。
デメリット:水で色が流れる。汗などにも注意

半永久染毛剤【化粧品】 
ヘアマニキュアやカラートリートメント毛髪の表面に吸着して染まるものです。ダメージは無しでかぶれることもほとんど無し

メリット :ダメージがない。ツヤが出る。コシがでる。(ボリューム)
デメリット:マニュキュアは頭皮につけられないので浮かせて染める。髪が濡れてると色がでる。
デメリット:カラートリートメントの吸着が強いもので色を入れた場合にヘアカラーの染まりが悪くなる。

永久染毛剤 酸化染毛剤【医薬部外品】

一般的なアルカリヘアカラー髪の内部までしっかり染まるものです。ややダメージがあり、かぶれる可能性があります。
メリット :染まりは一番良い。カラーのバリエーションが選べる。
デメリット:髪にダメージがある。

その他 【化粧品 雑品】 
ヘナなど植物類の色素髪の内部まで染まるものです。ダメージはなしでかぶれる可能性が少しあります。

メリット :ダメージがない。ナチュラル思考。
デメリット:特有のゴワツキがある。染めてる時間が長い。

数あるカラーの中からどのカラーを使用するのか。それはお客様の【ご希望のヘア×ライフスタイル×髪の状態×頭皮の状態】 から合ったものを美容師がご提案するのが理想の形といえます。 


Q :白髪を染める目安は?


A:白髪の量や生えてくる場所によっても異なりますが生え際やトップの分け目付近に多い場合は1ヶ月に一度程度。
よくまとめ髪をするなど生え際が出てしまう場合2週〜3週間に一度の方もいらっしゃいます。

Q:美容師さんがおすすめできる市販のカラー剤はありますか?


A:

ありません。。。非常に強いダメージを伴うためあまりオススメできません。。。
ヘアマニュキアやカラーリンスなどはダメージがありませんが髪の表面にコーティングするように吸着するため美容室でのカラーが染まりが悪かったりカラーチェンジができないこともあります。


Q:上手に白髪染めするコツはありますか?


A:1つはしっかり染めるにはカラー剤をたっぷり使うことです。通常ヘアサロンで白髪を染めるのに必要なカラー剤の量は60g~70gです。 市販されているモノは50g以下です。
毛量にもよりますが当然薄めにぬることになります。ハリのある白髪が浮かないように根元にためながら塗布するということが基本となります。

2つめは既に染めている部分にはカラーを伸ばさないように塗るということです。既に染まった毛は染まりやすくなっています。一度も染めていない毛は色の入りが悪いので色の入りが薄く、毛先は色を吸収して真っ黒に。。。なんてことはよくホームカラーにある失敗です。

Q:白髪染めをお願いするときのコツはありますか?


A
:
一番気になる所(白髪の出る所)を教えて下さい。基本的には通常のヘアカラーと同様になりたい髪色をおっしゃって下さい。薬剤の配合によりご希望に沿ったカラーができます。

Q : 白髪染めシャンプー トリートメンとはどう?


A:白髪染めシャンプーやトリートメントの仕組みは薄いヘアマニキュアのような色素で髪の表面に吸着させるものです。髪をコーティングしているような感じになるのでヘアサロンで通常のカラーをしようとするとカラーの入りを邪魔します。
色の入りが悪かったり。サロンカラーとの相性が悪いと緑色になったりもします。それも製品によってなので美容室で染める時は使っているものをカウンセリング時にお伝えすることをオススメします。

Q : 頭皮や肌が敏感です

A:
お客様ひとりひとりのコンディションに合わせて染めることができます。
 
対策は
1)頭皮用の保護オイルで頭皮をケアしながら染める。
2)気になる部分のみ地肌からカラーを塗布、その他の内側の部分は数ミリ空けて塗布します。
3)高濃度炭酸シャンプーやカラーケアシャンプーで地肌に負担なく洗います。
4)シャンプー後は頭皮用化粧水でアフターケアします。

Q:白髪染めって痛みますか?

A: 傷みのあるカラー、傷みのないカラーがあります。傷みの原因はしっかり染める為にカラー剤を髪に浸透させるアルカリ剤でホームカラーはアルカリが強い為にダメージを伴います。

Q:白髪カラーリングで髪や頭皮をいためる原因は

A:1つ目は過剰な放置時間。2つ目は必要以上のアルカリ剤、脱線剤を配合してのカラーリングです。 


Q:白髪染めと普通のカラーの違いはなんですか?

A:一般的なファッションカラーと白髪染めのカラー剤は同じものです。色素の濃い染料の配合バランスで白い毛にも染めることができます。ファッションカラーは透明感(透ける感じ)のあるカラーになるので白髪も薄く色が入る程度でしっかりとは染まりません。白髪染めはファッションカラー+ブラウン(深みのあるカラー)は配合し白い毛でも黒い毛と馴染みの良い色に染まります。


Q : 白髪染に抵抗があります

A: 配合技術、カラー剤の進化によりファッションカラーに近い色に染めることができます。白髪が多く生えている部分だけ全体のカラーとは違うカラーを使用したり、ハイライトやローライトでわかりづらくしたりとご要望に合わせて細かく対応出来ます。

Q:根元だけ染めれますか?

A: はい、染められます。

Q : 自分にあったそめかたがわからない

A:ご相談下さい!必ずお客様のケースに合わせた染め方をご提案出来ます!


まとめ

近年の傾向ではファッションカラーでは透明感の高いものとツヤ感が求められております。白髪染めで重要なのもツヤ感です。
その為には負担をさけ繰り返しできるカラーリングが重要になります。頭皮のコンディションを整え、毛先のアフターケアもご提案出来るように常に最新の情報と技術を取り入れご対応させて頂きます。
一番はカラーをした後に気分が良くなるヘアカラーができればと思っております!
お悩みや不安がある方は是非ご相談下さい^^

Nakamura

Nakamura

Written by:

ヘアサロンStujioはキレイになりたい◎可愛くなりたい◎リラックスしたい◎おしゃべりしたい◎居眠りしたい…どんな小さな事も一つでも多くの願いが叶う場所でありたいです。Stujio スタッフ全員でそのお手伝いをするべく、進化し続けるサロンを目指しています!【渋谷】

指名して予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

Nakamuraは、こんな記事も書いています。

  • ヘアスタイルに悩んだらマッシュ!?メンズのお悩み解決できる12選!

    ヘアスタイルに悩んだらマッシュ!?メンズのお悩み解決できる12選!

  • 今までにない仕上がり!髪質改善トリートメントとは!?

    今までにない仕上がり!髪質改善トリートメントとは!?

  • 2018年春夏メンズ 大人ベリーショートは好感度抜群

    2018年春夏メンズ 大人ベリーショートは好感度抜群

  • Stujioはなぜ男性のお客様も居心地が良い美容室なのか?

    Stujioはなぜ男性のお客様も居心地が良い美容室なのか?

  • オーガニックなイルミナカラー?? エヌドットカラー

    オーガニックなイルミナカラー?? エヌドットカラー

  • 92%天然由来のオーガニックカラー 【ヴィラロドラ】

    92%天然由来のオーガニックカラー 【ヴィラロドラ】

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事

美容院専用ホームページサービス